10. ベッドタウン2010年04月27日 17時51分14秒

 カーテンの隙間から強い光が漏れ出している。どんなに遮っても滲み出して溢れ出してボクの目を射る太陽。この陽射しならきっと空に雲なんて無く、突き抜けたような青が頭上に広がるのだろう。そんな朝にボクは滲んだ光さえ避けるようにしてひとりうずくまっている。
 どうしても、行く気にはなれなかった。
 パジャマのままで膝を抱えてボクは壁に背中を預けた。温度とざらついた感触が伝わってくる。目を閉じると通りを行き交う車の音が聞こえる。窓の外なんて見なくたってわかる。家の前でゆるくカーブする狭い通り、埃っぽい路地、色の取れた屋根と汚れた壁が連なり、落ち葉が吹き溜まり、小さな公園には葉の落ちた木、そしてペンキの剥げかけた遊具。そしてその何処にも−−誰もいない。道端の花が首を上げほころんでもこの街はまるで枯れたように動かない。
 膝に顎を乗せると懐かしい臭いがした。退屈と後ろめたさの臭い。幼いころはよく熱を出して、眠り飽きた昼下がりにはけだるい身体を持て余しながら窓の外を眺めていた。もしかするとこの街は既に廃墟なんじゃないだろうか、取り残されたボクはこのままひとりきりで死を待つ運命なんじゃないだろうか、そんな空想にわざと飲み込まれて絶望を掌でもてあそぶようなひとり遊びを繰り返していた。何度も、何度も、それほどにここは静かだった。

 ボクはゆっくりと立ち上がり、カーテンの隙間から外を覗き見た。溢れ出た光に飲み込まれて真っ白な視界からゆっくりと目の前に立ち現れる光景、それは幼い頃にボクが見たものとそっくり同じじゃないはずだ。それなのに、この街はまるで時間が止まっているみたいに。目の端で何かが揺れた。駅の方向、ぽかりと何かが浮かんでいる。青い空の一点を針でつついたような、そこから丸く膨らんだ血の玉のような。
 赤いアドバルーンがひとつ、空に浮かんでいる。
 気がつくとボクは小さな子供になって駅前にいた。首が痛くなるほど見上げた先に見える顔。その向こうの、青い背景に浮かぶ赤い円形。
 そう、映画を見たんだ。
 アーケードを通り抜けた先にあった埃っぽい建物。
 ジュースとお菓子を買って。
 薄暗い部屋は雨が降るような音がして、
 黒く丸い玉が点滅して、
 目がちかちかとして、
 赤い唇をした女が振り返って……。

 不意に涙が溢れた。
 せき止めていた感情が針で突いた一点から丸く膨れ上がり、溢れ始める。ナツミ。ボクはナツミに会いたい。話がしたい。笑顔が見たい。それだけのことなんだ。それだけのことがどうしても叶わない。いつものように笑いかけたいだけなのに、見えない檻に閉じ込められてボクはナツミの影さえ見失ってしまう。どうして。尋ねても答えが返ることは無い。どうして。混乱したボクを周りがただ、見ている。
 見ている。
 神様がもしいるのなら、聞いてほしい。ボクは何も望まない。ナツミ以外は何も望まない。それだけでいいんだ。本当に、他は何もいらないんだ。だから奪わないで。ボクから、奪わないで。
 決壊し溢れ流れる感情をボクはいつものように目を閉じてやり過ごそうとした。少し我慢すればまた元に戻れる。感情に鍵をかけて明日からまたナツミに会いにいける。でも違った。怒濤のように溢れていたものは次第に色を濃くし粘り気を帯びて徐々にボクの身体を覆い始めた。経験したことの無い感情が身体の奥から沸き出してくる。
 気がつくと涙は涸れていた。ボクは目を開け、アドバルーンに目を凝らした。

 もし、神がいるのなら、証拠を見せてくれ。
 今、ここで。

 ピストルのようにボクは人差し指を差し出した。深く息をして、アドバルーンに狙いを定める。ボクの目の前で景色がぐにゃりとうねる。パースが歪みアドバルーンが次第に大きくなる。アドバルーンの上に人が、乗っている。狙いをつけるボクをまっすぐに見つめて、笑いながら手を振っている。アドバルーンの上で、テツヤが笑っている。ボクが狙いを付けていることなんて、今からボクに撃たれることなんて想像もしていないような笑顔。
 証拠を。
 ボクはアドバルーンにさらに狙いを定める。

 ぱん。

 弾けた音がしたと同時に、ボクは落ちていた。目の前にはさかさまになった街が、見慣れたボクの街がスローモーションのように近づいてくる。ボクは可笑しくて、笑い出しそうになって、それでいて溢れ出した涙の粒がボクを離れて飛ぶのが見えて、割れたアドバルーンの欠片がくるくるとボクの目の前を通り過ぎて、笑い出したボクの身体はいつの間にか見知らない何かに包み込まれて、真っ黒い塊になったボクの目の前で急速に日は暮れていき、夕暮れから濃い青そして暗闇になっても、いつまでもいつまでもボクは落ち続けていた。

コメント

_ ちょーこ ― 2010年04月29日 18時01分36秒

久しぶりだなあ……
しかもなんか切ない展開だ……

_ ぎんなん ― 2010年04月30日 17時22分10秒

ちょーこさま、
今年初めての更新です。あけましておめでとうございますー(汗)
展開はこれからどんどん、とんでもないことになる予定です。GWの間にちょっとは進めておかないとーと思いつつ、明日から手抜きキャンプでぼーーーーーーーーーっっとしてきます。

_ ヴァッキーノ ― 2010年05月01日 19時17分43秒

なんか若いころのロバート・デ・ニーロみたいな感じですね。
完全に役になりきっているというか、
繊細なんですね。
ぎんなんさんが(笑)

_ ぎんなん ― 2010年05月03日 17時24分20秒

キャンプから帰ってきました。さむかったりあつかったり。

ヴァッキー、
なりきってみても、なりきれているのかは自分ではわからんですよね。
他人に「なりきっている」と見られるのは恥ずかしいっすね。
基本的には「てめぇ本当はそんな奴だったのか!」って言われるのが嬉しいですねぇ。
見た目は誰よりも妖怪寝ぶとりですけどねぇ。

_ 儚い預言者 ― 2010年05月04日 00時35分16秒

セントくんにいってきました。そう平城京にタイムスリップ。でも回りは家族連れで子供には興味が湧かないであろう建物とただっぴろい敷地で、その真ん中を電車が走っているので、大極殿と朱雀門を見るのに、踏み切りを渡るのにも待たなければいけないような人人人で、歴史館のビデオを観るのに整理券を約40分待って、そして入場時間前30分は待って、得したような損したような、都の説明ビデオを観て、再現された遣唐使船の甲板をぐるりと見て、跡地をあっちこっちと都合10kmは歩いたような、まあよかったとしか言えないような具合でした。これは絶対キャンプでゆっくりするのがいい。でもキャンプは反対にあれやこれやとするのが面白いので、どうだか。まあ人間の性(さが)はここ1300年全然変わっていないというのが私の結論でございます。私は昔も今も貴族ではありませんが。

 あっひーー、忘れていた。そう性とは人間は昔も今も男も女も、違っていても同じだと思います。それは天から落ちた?と、神から見放されたと思う人間のそれです。
 でもです。そう思うのがもし幻だとしたらどうでしょう。本当はいのちは永遠で、肉体は仮の衣装で、魂の学びの場がここであるとしたら。
 そうです。幸せなのです。何の不足や制限は幻なのですから、満ち足りて、愛と光の本質そのものが人の本質であるとしたら。
 しかしです。この現実の法則を無視しても、生きていけないですね。現実と真実の両極に舞うのが、本当のアート、美しき技であるかもしれません。

 「なぜあなたは今幸せであってはいけないのですか。」
 選択するとは余りにも、自由なので、人は慣れていないのかもしれない。

_ ぎんなん ― 2010年05月04日 11時20分56秒

預言者さま、
GWはどれだけ人の少ない所を通って人の少ない所に行けるか考えます(^_^;
うちのキャンプは手抜きなのでなーーーーーんにもしないです。常設テントを使いますし。まあ食事くらいは作りますが、基本カセットコンロだし(汗)カップラーメンも持っていきますし(汗)うっかり爆睡して外食したりしましたし(汗)
今回は観光地にも寄りませんでした。近くに廃墟があると聞いて行きましたが、釣り客しか居ない静かな場所でした。廃墟ものすごく良かった。絶対また行くーーーっ。

ところで、
春日武彦という精神科医の本を何冊か読んだことがあるのですが、その人の本に「不幸になりたがる人たち」ってのがあります。自ら不幸を求めているとしか思えない奇妙な行動をとる人のエピソードが載っているのですが、その人たちも決して不幸になりたいわけではない。彼らは「大きな不幸を避ける為に小さな不幸を甘受している」のであって、それがどんなに馬鹿げた論理であっても彼らの中では筋が通っている、ということらしいのです。
預言者さまの言う「幸せ」って論理を越えた所にあるような気がしています。多くの人が考える幸せが例えば「1+1=2」的な論理の上に成り立っていて、「まだ知られていない幸せの公式」のようなものを探しているとしたら、預言者さまはそういう人に向かって「1+1は3でも4でも500000でもいいんですよ」と言っているような気がします。
1+1が2ではない世界を人は幸せと感じるのか?
多分、途方に暮れてしまう気がするのですよね。
そういえば、木村敏は統合失調症患者の思考をシンプルな公式で言い表していました。曰く、「1+1=0」。

_ 儚い預言者 ― 2010年05月09日 00時01分49秒

 あのう、1+1は勿論2です。論理を超えたところとは、無限や0ではないかと。絶対と相対とはある意味共通していて、全く不遜な扱いを其々するみたいな感じでしょうか。というか、それがない限り自分自身を規定できないというか、自分の自分であることが分からないという、宇宙の存在の有無に係る大問題です。
 いつも思うのですが、みんな自分は一人と思って、社会や世界、宇宙などとの関係に拘っているのですが、本当は独りですべての宇宙の代表なのです。ラグビーのONE FOR ALL,ALL FOR ONEみたいな。
 ここにいま全てある。そして私と言うエゴは神の視点であり、かつ神不在の夢の物語である。

 廃墟のフォト アップしてね、こちょこちょ

_ ぎんなん ― 2010年05月09日 20時36分44秒

預言者さま、
1+1=2でしたか。個人的に安心しました(汗)それが無ければ自分自身を規定できないというのはその通りです。
「ひとりで宇宙の代表」というか、自と他が明確に区切られている以上、自=宇宙なのかなと思うのです。他は存在するが、他が持つ「他の宇宙」をほんとうに理解できることは無い。神すら実は「自の宇宙」の中にある。そういう意味では、宇宙の中には自分ひとりしか居ない。それは徹底した孤独のような気もします。
うーん、自分が結局何を言いたいのかよくわからない(汗)もしかすると「エゴ」という言葉をきちんと定義する必要があるのかしらん。

写真を上げるブログを別に作るべきでしょうかねぇ。便利なのないかしら。こちょこちょ。

_ 儚い預言者 ― 2010年05月12日 23時25分28秒

 全てが幻なら、真実はない。全てが真実なら、幻は存在しない。どうしても切断、分離がある。夢と幻が、掌から零れ落ち、愛の無辺へと郷愁しながら、怖れを放つ。此処にはひとつしかないのに、全ての可能性に委ねることは、逆説的なたったひとつの道なのかもしれない。それは忘れること、そして全てを思い出すこと。非直線なのに、余りにも直截に繋がっている。「私」は私であって私でなく、「宇宙」は宇宙であって、宇宙でない。
身近のこの肉体は、一つの観念であって、実在の夢の中で、光の高周波数を落として、密度を高めた?のだ。それは一つの概念であって、恣意なる一つの選択である。「何ゆえにそうなのか」と問うこと自体が答えとは知らずに。

_ ぎんなん ― 2010年05月30日 16時42分14秒

何かとばたばた、じたばたとしております。

預言者さま、お返事が遅れて申し訳ありません。
結局の所、何も証明する事は出来ないのだろうなあと思います。他人が存在している事。自分が存在している事。世界が、宇宙が存在していること。未来はおろか、過去すらも。
忘れる事と思い出す事は同じ事なのでしょうか。過去が存在しないのなら、思い出す事なんて何も無いのですね。相変わらず自分が何を言っているのか良くわかりません(汗)

こっそり写真ブログを準備中です。

_ Toe Pain ― 2016年01月07日 17時17分14秒

The main problem lies in where the fungus is living: under the
nail. Plantar fasciitis can be treated with rest,
orthotics, anti-inflammatory medications, steroid injections and sometimes surgery.
Kidney failure is a concern among patients with this condition, and an early
diagnosis is important to prolong the use of the
kidneys.

_ Toe Pain ― 2016年01月09日 00時52分52秒

Your feet swell during running, as much as a full shoe
size. At this time, their body temperature drops and their heart rate can decrease
from 200 beats per minute (bpm) to 10 bpm. Ill-fitting shoes may also cause pain because they
tend to squeeze the foot, causing the pressure inside the increase.

_ Toe Pain ― 2016年01月09日 13時54分31秒

The main problem lies in where the fungus is living: under the
nail. The mother will nurse them for 3-4 months until they are able to swim on their own. The i - Pad 2S aka i
- Pad HD aka i - Pad 3 is now known as just the i - Pad.

_ Barefoot Running ― 2016年02月23日 22時12分20秒

It's really very complicated in this busy life to listen news on Television, so I simply use
internet for that purpose, and get the latest information.

_ Foot Lumps ― 2016年02月26日 15時42分38秒

Hi! I understand this is kind of off-topic but I needed to ask.
Does running a well-established blog like yours require a large amount of
work? I'm completely new to writing a blog however I do write in my diary every day.
I'd like to start a blog so I will be able to share
my personal experience and thoughts online. Please let me know if you have any suggestions or tips for new aspiring bloggers.
Thankyou!

_ Osteomyelitis (Bone Infection) ― 2016年02月28日 22時26分51秒

You should be a part of a contest for one of the best websites on the internet.
I'm going to highly recommend this site!

_ Bromodosis ― 2016年03月11日 06時13分28秒

Please let me know if you're looking for a author for your weblog.
You have some really great posts and I think I would be a good asset.
If you ever want to take some of the load off, I'd really like to write some content for
your blog in exchange for a link back to mine. Please
blast me an e-mail if interested. Kudos!

_ Heel Lifts and Shoe Lifts ― 2016年09月10日 12時32分10秒

I'm gone to inform my little brother, that he should also pay a quick visit this webpage on regular basis to take
updated from latest news update.

_ running shoe ― 2016年10月04日 02時25分16秒

I was able to find good advice from your content.

_ miscellaneous mma gear ― 2016年10月05日 19時09分14秒

What's up i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace, when i read this article i thought i could also make comment due to this sensible paragraph.

_ equestrian underwear ― 2017年01月28日 20時03分28秒

Do you mind if I quote a couple of your posts as long as I provide
credit and sources back to your weblog? My blog site is in the very same niche as yours and my
visitors would certainly benefit from a lot of the information you provide here.
Please let me know if this alright with you. Thanks a lot!

_ stylish golf clothing ― 2017年01月29日 11時50分10秒

Some really fantastic info, Glad I observed this.

_ manicure ― 2017年03月21日 13時17分35秒

Hello, all the time i used to check webpage posts here
early in the daylight, since i like to find out more and more.

_ manicure ― 2017年04月02日 06時40分13秒

When some one searches for his essential thing, therefore he/she wants to be available that in detail, thus that thing is
maintained over here.

_ BHW ― 2017年04月12日 19時28分19秒

Thanks very nice blog!

_ BHW ― 2017年04月16日 11時23分47秒

I like the helpful info you provide in your articles. I will bookmark your weblog and check again here regularly.
I am quite certain I will learn plenty of new stuff right here!
Good luck for the next!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ginnan.asablo.jp/blog/2010/04/27/5046717/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。