13. 声の波紋2013年12月15日 15時08分17秒

 目を開けると見慣れた天井が見えた。何も変わらない朝、それなのに何かが、何もかもがまるっきり変わっているような気がしてボクは起き上がった。湿り気を帯びてひんやりと空気は冷たい。ボクは立ち上がってカーテンを開けた。
 霧。
 窓の外はまるで空から牛乳を流し込んだような濃い霧に沈んでいた。狭い路地を挟んだ向かいの家ですら、ぼんやりとした境界で頼り無さげに佇んでいる。胸騒ぎがする、ずっと、目を開けたときから今までずっと。階段を駆け下りたボクを呼び止める声は無い。人気の無いキッチンに濡れたような花が飾ってある。ボクは観葉植物を押しのけて顔も洗わずに制服を着て玄関を飛び出す。ふわり、と霧が揺れる。湿った空気が頬を撫でる。

 耳を澄ます。
 草の揺れる音。それ以外は何も、聞こえない。自動車も、人も、その気配すら。

 確かめたい事がある。ただ、ひとつだけ。ボクは学校への道を走った。白く閉ざされた道の奥が、踏み出すたびに姿を見せる。背の高い草がまばらに生えている。掻き分けて押し倒して踏みつけてボクは走る。角を曲がり公園を横切り、フェンスの向こうに校門が見えた、そして、そこに。
 いた。
 ボクは立ち止まった。冷たい水滴がひとすじ顎から滴る。乱れる呼吸を宥めるように深い息を吐いてボクは一点を見つめた。
 ナツミ。
 ひときわ草の生い茂る校門。その向こうに、確かに、ナツミがいる。霞んだ景色の中でもはっきりとわかる。
 ナツミが、ボクに、微笑みかけている。
 感情が胸から喉を突き上げて襲いかかる。まわりを見渡す。誰もいない。誰も、誰も、誰も、ボクとナツミ以外は、誰も。神様、そう神様。確かボクは願ったんだ。この世界に、ナツミとボクしかいなくなればいいって、確かに、確かに。
 ボクは叫んだ。確かに叫んだはずなのにボクの声はボクの耳にさえ届かない。ただ、霧が揺れる。目の前で霧がゆっくりと震える。ボクの声は霧を揺らしてゆっくりと波のように広がる。静かな水に落とした小さな石のようにボクの波紋がナツミに届くだろう。声なんて無くてもいい。言葉なんてもう要らない。ナツミは波紋を受けて嬉しそうに微笑んで、長い髪がふんわりと揺れて、そしてナツミの口からも波が産まれて、ああわかるよボクには聞こえる。これはテツヤの曲だろう? ゆらゆらと揺れるメロディ。好きだって言ってた言葉。ボクも歌おう。そしてふたりの波を合わせよう。ボクとナツミの波紋が交わればきっとそこから新しいメロディが産まれる。ふたりだけの曲だ。この世界に鳴り響く、ボクたちの為の歌。
 いつの間にかボクは背の高い草に取り囲まれていた。ナツミ、行こう。ナツミに近づこうとするボクの体は草に邪魔されてスローモーションのようにしか動かない。ザワザワと草が鳴る。ススキやキリンソウがボクの顔を撫でてボクはいちいちそれを押し倒して。髪がじっとりと濡れる。ナツミ。すぐそこにいるのに。草を踏みつける嫌な感触が靴の底に、でもそんな事構っていられない。ナツミとふたりきりで行きたい場所が山ほどあるんだ。何処にでも行こう。海でも山でも街でも。学校も無い、家も店も雑踏も何も無い世界で、ボクだけを見つめるナツミとナツミだけを見つめるボクが。ようやくナツミの肩にボクの手が届いたその時、ボクに微笑んでいたはずのナツミがこちらを振り向いた。霞んでいたナツミの姿が突然はっきりと現れた。見開かれた目が。荒い息が。強ばった表情が。どうして。藤や蔦の蔓が腕に絡み付く。違う、違う、ナツミは喜んでいるんだよね。ここは神様がくれたボクたちの為の世界なんだから。動けないボクの前でナツミが少しずつ遠ざかる。ナツミ。ナツミ。待っててすぐに行くから。ポケットに入っていたハサミを翳す。草が一層ザワザワと鳴る。絡み付いた蔓を乱暴に切り裂く。叫びをあげて葉が飛び散る。振り払って押し倒して踏みつけて、ナツミ、ボクから離れないで。腕を掴む。肩を掴む。振り向いたナツミの眼が。違うナツミ、このハサミはナツミを守るため、どうして、なんでボクの手を払うの、なんでそんな顔で、ボクはナツミだけでいいのに他には何もいらないのに、ドコに行くのドコを見てるのナツミのその手はダレを求めてるのセカイニフタリキリナノニナツミハボクカラハナレルノ。振り下ろしたハサミがナツミの首に刺さる。倒れるナツミの顔からゆっくりと色が消え、姿を変え、首の折れたススキがゆっくりと地面に倒れる。嘘だ。こんな世界嘘っぱちだ。座り込んだボクの腕に体に太い蔓が巻き付く。ハサミが手から落ちてボクは持ち上げられて引きずられて抵抗する気も無くて、ただボクはぼんやりと考えていた。相変わらずザワザワと騒々しい音。眼を閉じても開いても変わらない。ここには、ヒトの気配がしない。ボクだけなんだ。ここにはもう、ボクしかいない。いつまで経っても霧は晴れず、ぼんやりと浮かぶ学校は今にも崩れ落ちそうな廃墟に見えた。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ginnan.asablo.jp/blog/2013/12/15/7109658/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。