13. 声の波紋2013年12月15日 15時08分17秒

 目を開けると見慣れた天井が見えた。何も変わらない朝、それなのに何かが、何もかもがまるっきり変わっているような気がしてボクは起き上がった。湿り気を帯びてひんやりと空気は冷たい。ボクは立ち上がってカーテンを開けた。
 霧。
 窓の外はまるで空から牛乳を流し込んだような濃い霧に沈んでいた。狭い路地を挟んだ向かいの家ですら、ぼんやりとした境界で頼り無さげに佇んでいる。胸騒ぎがする、ずっと、目を開けたときから今までずっと。階段を駆け下りたボクを呼び止める声は無い。人気の無いキッチンに濡れたような花が飾ってある。ボクは観葉植物を押しのけて顔も洗わずに制服を着て玄関を飛び出す。ふわり、と霧が揺れる。湿った空気が頬を撫でる。

 耳を澄ます。
 草の揺れる音。それ以外は何も、聞こえない。自動車も、人も、その気配すら。

 確かめたい事がある。ただ、ひとつだけ。ボクは学校への道を走った。白く閉ざされた道の奥が、踏み出すたびに姿を見せる。背の高い草がまばらに生えている。掻き分けて押し倒して踏みつけてボクは走る。角を曲がり公園を横切り、フェンスの向こうに校門が見えた、そして、そこに。
 いた。
 ボクは立ち止まった。冷たい水滴がひとすじ顎から滴る。乱れる呼吸を宥めるように深い息を吐いてボクは一点を見つめた。
 ナツミ。
 ひときわ草の生い茂る校門。その向こうに、確かに、ナツミがいる。霞んだ景色の中でもはっきりとわかる。
 ナツミが、ボクに、微笑みかけている。
 感情が胸から喉を突き上げて襲いかかる。まわりを見渡す。誰もいない。誰も、誰も、誰も、ボクとナツミ以外は、誰も。神様、そう神様。確かボクは願ったんだ。この世界に、ナツミとボクしかいなくなればいいって、確かに、確かに。
 ボクは叫んだ。確かに叫んだはずなのにボクの声はボクの耳にさえ届かない。ただ、霧が揺れる。目の前で霧がゆっくりと震える。ボクの声は霧を揺らしてゆっくりと波のように広がる。静かな水に落とした小さな石のようにボクの波紋がナツミに届くだろう。声なんて無くてもいい。言葉なんてもう要らない。ナツミは波紋を受けて嬉しそうに微笑んで、長い髪がふんわりと揺れて、そしてナツミの口からも波が産まれて、ああわかるよボクには聞こえる。これはテツヤの曲だろう? ゆらゆらと揺れるメロディ。好きだって言ってた言葉。ボクも歌おう。そしてふたりの波を合わせよう。ボクとナツミの波紋が交わればきっとそこから新しいメロディが産まれる。ふたりだけの曲だ。この世界に鳴り響く、ボクたちの為の歌。
 いつの間にかボクは背の高い草に取り囲まれていた。ナツミ、行こう。ナツミに近づこうとするボクの体は草に邪魔されてスローモーションのようにしか動かない。ザワザワと草が鳴る。ススキやキリンソウがボクの顔を撫でてボクはいちいちそれを押し倒して。髪がじっとりと濡れる。ナツミ。すぐそこにいるのに。草を踏みつける嫌な感触が靴の底に、でもそんな事構っていられない。ナツミとふたりきりで行きたい場所が山ほどあるんだ。何処にでも行こう。海でも山でも街でも。学校も無い、家も店も雑踏も何も無い世界で、ボクだけを見つめるナツミとナツミだけを見つめるボクが。ようやくナツミの肩にボクの手が届いたその時、ボクに微笑んでいたはずのナツミがこちらを振り向いた。霞んでいたナツミの姿が突然はっきりと現れた。見開かれた目が。荒い息が。強ばった表情が。どうして。藤や蔦の蔓が腕に絡み付く。違う、違う、ナツミは喜んでいるんだよね。ここは神様がくれたボクたちの為の世界なんだから。動けないボクの前でナツミが少しずつ遠ざかる。ナツミ。ナツミ。待っててすぐに行くから。ポケットに入っていたハサミを翳す。草が一層ザワザワと鳴る。絡み付いた蔓を乱暴に切り裂く。叫びをあげて葉が飛び散る。振り払って押し倒して踏みつけて、ナツミ、ボクから離れないで。腕を掴む。肩を掴む。振り向いたナツミの眼が。違うナツミ、このハサミはナツミを守るため、どうして、なんでボクの手を払うの、なんでそんな顔で、ボクはナツミだけでいいのに他には何もいらないのに、ドコに行くのドコを見てるのナツミのその手はダレを求めてるのセカイニフタリキリナノニナツミハボクカラハナレルノ。振り下ろしたハサミがナツミの首に刺さる。倒れるナツミの顔からゆっくりと色が消え、姿を変え、首の折れたススキがゆっくりと地面に倒れる。嘘だ。こんな世界嘘っぱちだ。座り込んだボクの腕に体に太い蔓が巻き付く。ハサミが手から落ちてボクは持ち上げられて引きずられて抵抗する気も無くて、ただボクはぼんやりと考えていた。相変わらずザワザワと騒々しい音。眼を閉じても開いても変わらない。ここには、ヒトの気配がしない。ボクだけなんだ。ここにはもう、ボクしかいない。いつまで経っても霧は晴れず、ぼんやりと浮かぶ学校は今にも崩れ落ちそうな廃墟に見えた。

10. ベッドタウン2010年04月27日 17時51分14秒

 カーテンの隙間から強い光が漏れ出している。どんなに遮っても滲み出して溢れ出してボクの目を射る太陽。この陽射しならきっと空に雲なんて無く、突き抜けたような青が頭上に広がるのだろう。そんな朝にボクは滲んだ光さえ避けるようにしてひとりうずくまっている。
 どうしても、行く気にはなれなかった。
 パジャマのままで膝を抱えてボクは壁に背中を預けた。温度とざらついた感触が伝わってくる。目を閉じると通りを行き交う車の音が聞こえる。窓の外なんて見なくたってわかる。家の前でゆるくカーブする狭い通り、埃っぽい路地、色の取れた屋根と汚れた壁が連なり、落ち葉が吹き溜まり、小さな公園には葉の落ちた木、そしてペンキの剥げかけた遊具。そしてその何処にも−−誰もいない。道端の花が首を上げほころんでもこの街はまるで枯れたように動かない。
 膝に顎を乗せると懐かしい臭いがした。退屈と後ろめたさの臭い。幼いころはよく熱を出して、眠り飽きた昼下がりにはけだるい身体を持て余しながら窓の外を眺めていた。もしかするとこの街は既に廃墟なんじゃないだろうか、取り残されたボクはこのままひとりきりで死を待つ運命なんじゃないだろうか、そんな空想にわざと飲み込まれて絶望を掌でもてあそぶようなひとり遊びを繰り返していた。何度も、何度も、それほどにここは静かだった。

 ボクはゆっくりと立ち上がり、カーテンの隙間から外を覗き見た。溢れ出た光に飲み込まれて真っ白な視界からゆっくりと目の前に立ち現れる光景、それは幼い頃にボクが見たものとそっくり同じじゃないはずだ。それなのに、この街はまるで時間が止まっているみたいに。目の端で何かが揺れた。駅の方向、ぽかりと何かが浮かんでいる。青い空の一点を針でつついたような、そこから丸く膨らんだ血の玉のような。
 赤いアドバルーンがひとつ、空に浮かんでいる。
 気がつくとボクは小さな子供になって駅前にいた。首が痛くなるほど見上げた先に見える顔。その向こうの、青い背景に浮かぶ赤い円形。
 そう、映画を見たんだ。
 アーケードを通り抜けた先にあった埃っぽい建物。
 ジュースとお菓子を買って。
 薄暗い部屋は雨が降るような音がして、
 黒く丸い玉が点滅して、
 目がちかちかとして、
 赤い唇をした女が振り返って……。

 不意に涙が溢れた。
 せき止めていた感情が針で突いた一点から丸く膨れ上がり、溢れ始める。ナツミ。ボクはナツミに会いたい。話がしたい。笑顔が見たい。それだけのことなんだ。それだけのことがどうしても叶わない。いつものように笑いかけたいだけなのに、見えない檻に閉じ込められてボクはナツミの影さえ見失ってしまう。どうして。尋ねても答えが返ることは無い。どうして。混乱したボクを周りがただ、見ている。
 見ている。
 神様がもしいるのなら、聞いてほしい。ボクは何も望まない。ナツミ以外は何も望まない。それだけでいいんだ。本当に、他は何もいらないんだ。だから奪わないで。ボクから、奪わないで。
 決壊し溢れ流れる感情をボクはいつものように目を閉じてやり過ごそうとした。少し我慢すればまた元に戻れる。感情に鍵をかけて明日からまたナツミに会いにいける。でも違った。怒濤のように溢れていたものは次第に色を濃くし粘り気を帯びて徐々にボクの身体を覆い始めた。経験したことの無い感情が身体の奥から沸き出してくる。
 気がつくと涙は涸れていた。ボクは目を開け、アドバルーンに目を凝らした。

 もし、神がいるのなら、証拠を見せてくれ。
 今、ここで。

 ピストルのようにボクは人差し指を差し出した。深く息をして、アドバルーンに狙いを定める。ボクの目の前で景色がぐにゃりとうねる。パースが歪みアドバルーンが次第に大きくなる。アドバルーンの上に人が、乗っている。狙いをつけるボクをまっすぐに見つめて、笑いながら手を振っている。アドバルーンの上で、テツヤが笑っている。ボクが狙いを付けていることなんて、今からボクに撃たれることなんて想像もしていないような笑顔。
 証拠を。
 ボクはアドバルーンにさらに狙いを定める。

 ぱん。

 弾けた音がしたと同時に、ボクは落ちていた。目の前にはさかさまになった街が、見慣れたボクの街がスローモーションのように近づいてくる。ボクは可笑しくて、笑い出しそうになって、それでいて溢れ出した涙の粒がボクを離れて飛ぶのが見えて、割れたアドバルーンの欠片がくるくるとボクの目の前を通り過ぎて、笑い出したボクの身体はいつの間にか見知らない何かに包み込まれて、真っ黒い塊になったボクの目の前で急速に日は暮れていき、夕暮れから濃い青そして暗闇になっても、いつまでもいつまでもボクは落ち続けていた。

07. ナイト・フライト2009年09月04日 01時32分11秒

 今日はナツミに会えない。ナツミに会えないとボクはまるで存在する価値さえ無いように感じる。薄いカーテンの向こうで太陽までが姿を消し、気がつくとボクは暗闇の中でうずくまっている。
 どうせ、会えないのなら。
 どうせ、同じ暗闇なら。
 ボクは目を閉じる。瞼の裏に様々な紋様がフラッシュのように瞬いて消える。稲妻のような、水玉のような、グラデーションのような、砂嵐のような。ボクは紋様に線を引いて色を乗せて、瞼の裏に景色を描く。
 窓の外の、遥か遠くに見える摩天楼。
 暗くうねる海を横断する光の帯。
 ボクが作った、ボクだけの地上の星座。

 行こう。

 ボクがそう思うだけで身体は宙に浮く。思うままにボクの身体は窓をすり抜け電線の隙間をくぐり高く空へ舞い上がる。夜の風が頬に当たる。屋根を横切り電柱を飛び越え高層マンションの壁際をすり抜ける。下腹に少し力を込めるだけでふわりとボクは高度を上げ、あっという間に屋根が遠くなる。遥か向こうに摩天楼が見える。腕を横に伸ばしボクはスピードを上げる。脇腹でシャツが風にはためく。ふと気がつくと摩天楼はボクの遥か下方で無数の光を瞬かせている。

 静止したボクの真下、視界いっぱいに広がる、数え切れない宝石。
 何処までも連なる光の、その先の先に。

 不意に光がぼやけた。
 地上の星座のその遥か上で背後からボクを取り囲む、無限の暗闇。
 地上の光を全て吸い込んでもまだ飽き足らず、ボクを飲み込もうとする深い深い闇。

 だから、
 居て、欲しいんだ。
 ボクの、
 傍に。
 これ以上、
 ボクが闇に飲み込まれてしまわないように。
 会いたいんだ。
 これ
 以上
 闇に紛れてしまう前に。

 お願い、だから。

 ボクの体はゆっくりと降下を始めた。両手を広げたまま、足を下にして、ゆっくり、ゆっくり。星座が次第に近づく。ビルの窓。高層ビルの最上階で誰かがボクを見つめている。
 表情の無い顔をまっすぐに向けて、テツヤがボクを見ている。
 伸ばそうとしたボクの右腕がビルの灯りを遮りシルエットが浮かび上がる。太く、大きく、ごつごつとした鱗、の、ような。
 息が止まる。
 その瞬間ボクの腕はビルの先端を粉々に砕く。思わず動いた左腕が別のビルを根元からなぎ倒す。いつの間にか地に着いた足が建物をぺしゃんこに踏み潰す。バランスを崩したボクの背中でビルが小枝のようにぽっきりと折れる。突然時間が粘度を増した。ゆっくりと倒れこむボクの前で欠片たちがスローモーションのように放物線を描く。ついさっきまで星座だった光。砕けた光が流れ星のように色を失い、闇に変わる。わずかに光を残す欠片がボクの鼻先を掠める。視界を横切るその欠片の中に、テツヤが見える。まるで永遠のようにボクはまだ倒れ続けている。背中でビルが砕ける。ゆっくりと光が褪せていく中まるで哀れむかのようにテツヤがボクを見つめている。表情の無い、瞳。目を開けたボクは荒い息が静まった後も、灯りをつけることも、自分の体に触れることさえ出来ないまま遠く走る自動車の低音をただ、ぼんやり聞いている。