14. 新しい世界【下】2013年12月30日 22時16分35秒

 相変わらず飛び跳ねるように玄関へやってくるハツミの手に、今日は小さな紙片が握られていた。
「ねぇ、見て見て」
 その紙を手に取って僕は目を疑った。心臓が喉の辺りまで跳ねあがるのがわかる。
「……これ、どうしたの」
「貰ったの。あのね、プロデューサーなんだって。知ってる?」
 僕は微かに頷いた。知ってるも何もそれは以前トオルに引き合わせてもらった、あの人の名刺だったから。

 ハツミは久しぶりに街へ出たのだと言う。
 買い物をしてすぐに帰るつもりが、駅前でストリートミュージシャンがテツヤを歌っているのを聴いて、思わず一緒に歌ってしまったのだと。
「ちょっと待って」
 僕が知っているハツミは音楽が嫌いで、カラオケも嫌いで、いつもテツヤを聴いていた僕を、僕の音楽を、理解することなんて無かった。僕がそう言うとハツミは部屋から箱を持ってきた。中にはテツヤのCDが全部揃っている。
「毎日聴いてたから、全部歌えるよ」
 そう言って彼女は歌い始めた。

 細く通る声。
 震えて、揺らぐ声。
 決して巧いわけではないのに、その不安定な声はテツヤの揺らぐメロディに不思議なくらい合っていて、理屈でなく一瞬で人を惹き付けた。

「ごめん、下手だよね?」
 呆然としている僕にハツミは照れたように笑った。
「でね、この人がね、今企画してるアルバムに参加してみないかって。とりあえず一度スタジオに入ってみないかって。軽い気持ちでいいからって。下手だし、テツヤしか歌えないって言ったんだけど、それでいいからって。あのね、まだ返事してないの。相談するからって言ったの。ねぇ、どう思う?」
 答えられなかった。
 声も出せなかった。
 ごめん、買い忘れたものがあった。30分くらいで戻るから。やっとそれだけ絞り出して僕は逃げるように外に出た。

 街灯の届かない場所で僕はぼんやりと座り込んだ。
 これは皮肉なのか? 苦い思いが胸から涌き起こる。しかし同時に、これは喜ばしいことだという思いもあった。ハツミの精神だってもしかするといい方に傾くかもしれない。今みたいに僕の帰りばかりを待ちわびる生活よりよっぽど健全で、それはハツミだけじゃなく僕にとってもきっと、いいことであるはずなんだ。
 そうだ。これはいいことなんだ。僕の夢をハツミに託せばいいんだ。目を閉じて、念仏のようにそれを唱えて、心を決めてようやく立ち上がったその時。

 目の前を一台の白い車が通り過ぎた。
 見たことの無い車。
 それなのに、見覚えがあった。暗い道なのにまるで光り輝くような車はスローモーションのように、座席まではっきりと見える。
 一瞬で血が逆流する。
 運転席にテツヤが、
 そして、助手席にはハツミが。
 僕のことに気付きもしないで、ハツミは楽しそうにテツヤに体を預けて、そしてただまっすぐに前を向いて、凄いスピードで僕を追い越していく。
 幸せそうな笑顔。
 ふたりの目の前に見える、白く輝く、新しい世界。
 僕は信じてた。
 強く願えば運命に導かれて光り輝く未来へ、
 新しい世界へ辿り着けるって。
 それなのにどうだ。
 探しても探しても何も見えなかった。
 僕を導く力なんて何処にも無かった。
 なのにお前たちの前には未来があってお前たちだけが新しい世界へ僕は置いてきぼりだ何が夢を託すだ冗談じゃない僕は誰より信じたんだ願ったんだ探し求めたんだなのにこんなのって、こんなのって。
 たまらなくなって僕は叫んだ。そして走った。玄関を開けると泣きそうな顔でハツミが待っていた。ねぇ、怒ってる? 何か変なこと言っ。黙らせるように僕は荒い息のままでハツミを抱きしめた。

「結婚しよう」

 ハツミが大きく目を見開いた。
「……今日、正社員にならないかって話があって」
 嘘だ。
「だから、帰ったら言おうと思ってたんだ」
 嘘だ。
「急にそんな話があって……びっくりして、でも僕は君を一生守るって決めたんだ」
 嘘だ。
「音楽なんてやめてくれないか。ずっと僕の側にいてくれないか。心配なんだ、ハツミのことが」
 全部嘘だ。ハツミの見開いた目から涙が溢れ出す。嬉しい、ずっと待ってた、そんなことを繰り返すハツミの声を聞きながら僕は抱きしめる手に力を込めた。何処にも行かせない。お前にだけ未来があるなんて許さない。僕の目の前にはもはや「不安」などではない、もっと黒く得体の知れない何かが口を開けて待ち構えていた。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ginnan.asablo.jp/blog/2013/12/30/7170484/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。