04. いつだってさよなら2009年07月13日 21時35分08秒

 日曜日の表通りは照り返した陽射しに包まれて何もかもが白く見える。そびえ立つビルのガラスが目を灼いてボクは一瞬自分を見失う。慌てて隣を見るとナツミが振り向いて微笑む。黒くまっすぐな髪が揺れ白い肌が照り返しを受けて輝く。
 それだけでいい。
 その笑顔を見るとボクはいつもそう思う。
 予定の無い日曜日だった。強い光に射抜かれて動けなくなっていたボクの前に不意にナツミが現れてボクはすぐに好きなシャツに着替えて彼女の後を追いかけた。出かけるのはいつだってナツミの好きな場所。何処でもいい。ナツミの笑顔を見られるのなら何処へだって。白く光る街。ナツミの白いブラウスにも光が反射する。次は何処に行こうか。さっきは何処に行ったんだっけなんだか思い出せないもう彼女の笑顔しか思い出せない。信号が赤に変わりボクたちは人に囲まれて横断歩道の前に立つ。前を向いて微笑むナツミの視線を無意識に追ったボクの眼に交差点の向こう側で青信号を渡る人の群れが映る。
 テツヤがいた。笑いながら通りの向こうを歩いてゆく。テツヤの隣にはナツミがいてボクが見た事の無いような笑顔でテツヤに笑いかける。ボクは慌てて隣を見る。ナツミはちゃんと隣に居て視線を戻すとテツヤはもう何処にも見えなくてただテツヤに笑いかけたナツミの笑顔だけがボクの胸の中に貼り付いて消えない。
 違うよね?
 そんなこと、ないよね?
 ナツミを呼ぶ。振り向いて微笑むナツミと視線が合わない事にボクは初めて気付く。全てだと思っていたナツミの笑顔が突然ロボットのように見えてボクは白い光に押しつぶされそうになる。ナツミが不意に立ち止まりボクに体を向ける。
 バイバイ。
 いつの間にか日の光は黄色からオレンジに変わり始めている。変わらない笑顔のままでナツミがさよならを告げる。また会えるかな。泣きそうなボクはその言葉が言えない。
 さよなら。
 去って行くナツミの方向に日が沈んで行く。あたりは急に暗くなって街の灯りがともる。佇むボクは今日の記憶が曖昧な事に気付く。
 いつ約束をしたのか。
 どうやってここまで来たのか。
 何処に行ったのか。
 どんな会話をしたのか。
 そのすべてが白い光に霞んでボクはその場にしゃがみ込む。
 夢かもしれない。
 夢でもいい。
 むしろ夢であってくれ。
 それなのにいくら願ってもボクはこの夢から出られない。ボクは顔を上げる。看板の裸電球が目の前で瞬いてボクの視界は水玉模様になって誰かがクラクションを鳴らして不意に立ち上がったボクはある事に気付く。
 これが夢なら。
 夢の中でまたナツミに会える。
 何度さよならしたって、またここで。
 看板がぷつりと音を立てて消える。いつの間にか真夜中で街灯は少しずつ消えてゆく。壁に背中を預けてボクは星の無い夜空を見上げる。吸い込まれそうに暗い空から雨が落ち始める。夢なら濡れたって構わない。
 もう少しだけここで待ってみるよ。もう一度、ナツミに会えるまで。

01. ナイトクラブ2009年05月17日 22時20分35秒

 ボクは歩いていた。どこに行きたかったのか、もう今は思い出せない。
 角を曲がると人影が見えた。テツヤだ。ボクは嬉しくなったけれどわざと知らない振りをして歩き、近づいてから今気付いたような顔でテツヤに声をかけた。
 振り向いたテツヤは突然大声で喚き始めた。ボクと約束をしたと言う。世界一美味しい紅茶を飲ませてやるからここで待ってろ。約束なんかしていない。テツヤに会うのは初めてだしボクは紅茶なんて飲まない。それでもテツヤは早く紅茶を飲ませろと言って聞かない。
 ボクは紅茶を探しに戻った。ドアを開けると目の前のベッドは激しく寝乱れている。シャワーの音が聞こえる。浴室のドア越しにボクは紅茶の在処を尋ねる。さあ。けだるく答える彼女の声がいつもとは違う。何かはわからないけれど、違う。
 ボクは家中探しまわる。キッチンもリビングも、寝室も。ベッドには微かに体温が残っていて初めて嗅ぐようなそれでいてひどく嗅ぎ慣れた臭いが鼻を突く。吐きそうになりながらボクは探す。出てくるのはどれもコーヒーばかりで紅茶は何処にもない。
 紅茶を買いに行こうと玄関のドアを開けると外は突然夜で、色とりどりの灯りに目が眩んでボクは自分が何処にいるのかわからなくなる。ボクはめちゃくちゃに走り片っ端から店に飛び込む。店はどれもブティックで女物の服が山のように積まれている。服をかき分けてようやく見つけ出したものはいつも緑茶かウーロン茶でボクはその度にひどく落胆する。飛び込んだ店は怪しげなクラブで速いだけのベース音がぐるぐると店の中を回る。化粧の濃い女が当たり前のようにボクの体に手を回す。女の肩の向こうに彼女が見える。まっすぐな髪を下ろしてすとんと落ちるワンピース、いつもの彼女が色の付いた灯りに照らされて見た事の無い目つきで男に手を振る。慌てて女の体を引きはがすけれどふたりはもう何処にも見つからない。何もわからなくなってボクは走る。紅茶はこの世から消えてしまったのかもしれない。テツヤは許してくれるだろうか。ボクは許してくださいと頭を下げるのだろうか。紅茶なんて知らないのに。テツヤに会うのは生まれて初めてなのに。別の店に飛び込むとそこは古ぼけた小さな店で奥の老婆がボクを一目見てあからさまに顔をしかめた。もう無いって言ってんだろう、あれが最後さ。ボクは弾かれたように外に出た。後ろ姿。追いかけた人影は路地の暗がりに消える。目の前に突然昼の光が溢れボクはいつの間にか家の前にいる。振り向くとドアが開いて彼女が顔を見せる。笑顔。ドアの前に立つ男が家に滑り込む。叫びながらボクは走る。ドアを叩こうとしたその瞬間ドアは吸い込まれるように消える。欲しいものが、大切なものが、守りたいものだけが奪われてゆく。そんな予感がボクを支配して目が覚めてもボクは動くことができない。