05. 真っ赤なクルマ2009年08月09日 20時33分38秒

 ようやく渋滞を抜けた。アクセルを踏み込むと心地よいGと共に景色が視界をすり抜けて行く。心の重く沈み込んだ部分を置き去りにして明るい空へ高く高く飛び上がるようなそんな感覚がいつも僕を包み込む。
 昨日のライブの余韻がまだ人差し指に浮き立つような痺れとして残っている。今度のライブが最後だから、そう言ったときのメンバーの丸い目が今でも思い浮かぶ。いつの間にかアクセルを踏み込んでいる。追い越し車線を走るトロい軽をかわす。視界が狭まってゆく。
 ふらふらと見え隠れする赤い点が、バックミラーに映る。

 ステージでいきなり言うんだよ、最後だって。
 落書きだらけの狭い楽屋で、僕はいたずらを企む子供のように胸を弾ませていた。そのときメンバーが、マサキやコウヘイやアツシがどんな顔をしていたのか、僕は何故か思い出すことができない。

 赤い点は次第に大きくなる。次々に車をかわしながらものすごい速度で近づく赤い車を確認したとき、僕は反射的にアクセルを踏み込んだ。大きなトラックの横をぎりぎりにすり抜けて目をやると赤い車はさらに大きくミラーを埋めている。
 体が熱くなる。
 何かが背中を押す。
 赤い車はすぐ後ろに迫っている。右から追い抜きをかけようとする車に僕はわざと右にハンドルを切り前を走るクーペに追い越しをかける。タイヤが滑る。怒鳴るようにクラクションが響く。赤い車はぴったりと僕の後ろに付いている。運転手の男の顔はよく見えない。助手席に座るショートカットの女性がミラー越しに僕を見つめている。
 不意に、耳元で含み笑いが聞こえた。ミラーに映る、助手席の、女。
 赤い車がミラーからふっと消えた。右手に赤い車が迫る。ハンドルが汗で滑る。助手席の女性がこちらを見て、笑う。そしてその奥でこちらを見ようともしない、男。

 (テツヤ?)

 小さなライブハウス。
 年代物の機材に素人のPA。
 まばらな客。

 赤い車が僕の前をすり抜けてゆくのがまるでスローモーションのように感じる。血が逆流する。体中が心臓になり頭ががんがんと鼓動を打つ。かけっぱなしのカーラジオはもう聞こえない。ハンドルがぶれる。迫る壁を寸前でかわす。タイヤが悲鳴を上げる。他の車なんて見えない。クラクションも何も聞こえやしない。
 目に入るのはただ、赤い色。
 負けられない。
 お前にだけは、絶対に。
 熱に浮かされたようにアクセルを踏み込む僕の頭に、今まで忘れていた情景がありありと浮かんだ。

 反笑いで僕を斜に見ているマサキ。
 興味無さげに携帯電話を触っているコウヘイ。
 何を言っても無駄だと首を振るアツシ。
 小さなライブハウス。
 年代物の機材に素人のPA。
 そんなシケたハコさえ埋められない僕。
 大はしゃぎで最後を告げる僕に降る、醒めた視線。

 わかってるんだ、そんなこと。
 それでも同じことだ。アクセルを踏む足が棒のように固まり震える。僕はめちゃくちゃにハンドルを切る。
 なあ、そういうことだろ、テツヤ。

 僕にはもう、後が無い。

 一気にアクセルを踏み赤い車に迫る。女の笑い声が耳元で響く。ハンドルを固く握りしめ爪を突き立てて僕は赤い車を、テツヤを追う。空に飛び上がったはずの僕はいつの間にか重く醜く脱ぎ捨ててしまいたいものを残らず引きずりながら地を這う獣のように走り続けている。

コメント

_ ヴァッキーノ ― 2009年08月10日 16時47分56秒

あ、続きだ。
繊細な人ですねえ。
なんか、「僕」ってアムロ・レイみたいな印象を受けました。
どうせなら、このあと誰かに殴られてもらいたいですね。
そいでお決まりのセリフ・・・・・・。
「殴ったね!」
なんて。
そんなことしたら、せっかくの繊細さが台無しになっちゃいますね。

_ 儚い預言者 ― 2009年08月10日 17時37分00秒

 「赤」との追走に疾走感は、逃避と闘争の、血の果てしない肉体的現実を追うようだ。それは虚無の時空に一筋のリアリティーを刻印する為だろうか。
 分かり合えることの理解が誤解であるという意味では、悲しい合意を取り付けようとする「生きる」ことの現実であろう。

_ ぎんなん ― 2009年08月11日 00時57分34秒

ヴァッキー、
おおお。アムロですかぁ。
あそこまで内向的ではないつもりなんですが、ヘタレという点ではそうかもしれません。
> 誰かに殴られて
ヘタレは、まあ、確実に何らかの方法で殴られるでしょう。私の性格上(笑)
「親父にもぶたれたことないのに!」と言うかどうかは、別の話♪

預言者さま、
最初は確かに追っていたはずなのに、追っているのか追われているのかわからなくなることはありますね。何かがすり替わっているはずなんですが、気付けない。
誤解だと知りつつ、理解を前提として社会は成り立っている。それを突き崩したいという意地悪さが私にはあるのかもしれません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ginnan.asablo.jp/blog/2009/08/09/4496744/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。