蛙男2008年04月27日 01時43分45秒

 突然警備員に止められた。見慣れない顔だ。マネージャが飛んできて何かを囁くと警備員の態度はころりと変わった。出来損ないのロボットのように何度も何度も頭を下げる警備員を無視して俺は先を急いだ。春はいつだってこんな風に俺に降りかかる。
 年々狭くなる楽屋の硬い椅子に腰を下ろし、俺は目の前の鏡を、鏡の中の俺を見つめた。
 年相応の中年男だ。その顔には何の特徴もない。

 熱いお湯に蛙を入れれば蛙は飛び上がって逃げる。だが冷たい水に蛙を入れて徐々に熱していけば蛙は水が熱せられていることに気付かないまま、茹で蛙になる。
 俺は水を張った鍋に雨蛙を入れて火にかけた。ぼんやりと浮かんでいた蛙は水がお湯に変わり始めた頃、ぴょんと飛んで鍋から逃げた。

 重ねてきた年を塗りつぶすように皺取りクリームとドーランを重ねると、俺の顔はまるで壁のようになる。しばらくその顔を見つめた後、いつものように俺は目を閉じた。
 青春ドラマの主役だった、俺。役柄はそのまま俺のイメージとなり、俺はいつだって女性の嬌声に囲まれていた。
 俺は目を開ける。燻製卵のような顔に若い俺のイメージが重なった瞬間、俺は化粧筆を手に取る。

 俺が出演したテレビ番組を偶然電気店で見た。大型のデジタルテレビに俺の顔がアップで映し出された瞬間、隣で女子学生が笑った。
 とても面白そうに。

 スタッフが出番を告げる。俺は急いで衣装に着替えた。膝の抜けたジーンズにGジャン、最後にパチンと音を立ててかつらを留めると、俺は振り向いて鏡を見た。
 中年男に被せられた「昔」という名の出来損ないのスーツ。

 俺はいつこの鍋から出れば良かったのだろう。
 ここから出ることなんて、俺には、もう。

 耳を刺す悪声が名前を呼ぶ。ADが腕を回し拍手が沸き起こる。白っぽく見えるのはきつい照明のせいではなく、目までが茹で上がってしまった証拠なのかもしれない。そんな思いつきに苦笑しながら、俺はスタジオへ一歩踏み出した。

コメント

_ きのめ ― 2008年04月27日 08時41分21秒

仕事サボって読んでます。

うーむ。

'80年代に思わず、トリップですね。
湯あたりで、ぼうっとした頭で。

なんか、ちょっとお湯熱くなってない? ねぇ!

_ ぎんなん ― 2008年04月27日 13時15分34秒

わかるとは思いますが「制服」のボツネタです。男シリーズ(謎)

きのめさん、
仕事中なんですね(泣)
青春ものドラマより「トレンディドラマ」の方が、今は笑われてる感がぴったりきたのかな? と、後で思ってみましたが、まあいいやぁ。

え、熱い? 気のせい気のせい(ぬくぬく)

_ おさか ― 2008年04月27日 14時23分10秒

わー、久々のぎん姐「男シリーズ」(謎
男性でも加齢はいやなもんなんですかねえ
皺やしみがあってもハゲでも、いいと思うんだけどなあ
(オヤジ好き)

>「制服」のボツネタ
サボッてる私には何も……ぴゅー

ところで、オトコを鍋に入れて火をかけるのはやっぱり女なんですかねえ(笑

_ mukamuka72002 ― 2008年04月27日 16時04分17秒

飛蝗男も高評価でしだが、
こっちを出したらどうだったんでしょうね。
僕はこっちの渋さもいいなあ。
飛び出せ青春のムラノなんとかさん思いだしてしまった。
あの人……今ではグルメレポーターですが、ま、それも立派なお仕事です。

_ ぎんなん ― 2008年04月27日 20時02分26秒

おさかさん、
加齢が嫌なのは男女変わりないかもしれませんねぇ。「年を取った自分を受け入れられるかどうか」ということなのかも。若いうちにチヤホヤされた人ほど加齢は受け入れ難かったりしてー、と、ちやほやされた事の無い人が言ってみる(汗)
> 皺やしみがあってもハゲでも
女性は男性に「いいじゃん太ってても」って言われてもいまいち素直になれなかったりして……。

> オトコを鍋に入れて火をかけるのはやっぱり女
さあ、どうでしょう。みーんな鍋には入ってるんではないですかねぇ、火にかかった鍋に。でも「鍋から出るタイミングを失わせる」のは女かもしれない。女にとってはもちろん男、かな? いや、必ずしもそうではないかしらん。

mukaさん、
今回「制服」で思いついたのがこれとバッタでした。こっちを出したら? うーん、それは私にはわかりません。
村野武範さんですよね? その時代の俳優さんがこれを書くヒントでした。私はその頃の空気がよくわからないので、旦那と話がたまに食い違います。

_ mukamuka72002 ― 2008年04月27日 23時25分17秒

>私はその頃の空気がよくわからないので、
そうやなー、まだ生まれてないもんなー、
ぎんこさんが生まれた頃に、3年B組金八先生始まったもんなー、
僕、その時、リアルタイムに中三やったけど、アハハハハ。
なあ、ぎんこさん、大学の同窓会行きやー、
卒業以来、三年ぶりの仲間と会って、気分転換したらいいねん、アハハハハ。
……「ぎんこ」、これ使えるキャラや、後につかう!

_ ぎんなん ― 2008年04月28日 07時39分49秒

mukaさん、
いやー酔ってるねー♪
16時の書き込みとは多分別人だねー♪
「ぎんこ」是非使ってねー。何がキャラなんかよくわからんけど♪

だってさあ、中村雅俊がなんで人気があるのか、わからんもん。まじで。

_ おさか ― 2008年04月28日 11時12分14秒

>中村雅俊がなんで人気があるのか
おおお、うん十年目にして初めて同志に会えた気分(泣
歌がヒットして、「かっこいいおじさん(お兄さん?)」ていうことに、世間的になりましたよね。好感度も結構上位にあったような。
確かに人柄的にはいいと思うが、「ええおとこ」じゃないぞ、とずうっと思っていましたが、誰も同意してくれず。
私はさほど面食いじゃないが、でもそう思うぞ!
ちょーこさんはどうなんでしたっけ?違いますよね、ねっ
いづみさんは?ろくちゃんは?ねえねえっ(ここで叫ぶな)

_ ぎんなん ― 2008年04月28日 13時04分42秒

おさかさん、
わはは。えらいところに反応が。

少し前のカップ麺のCMに中村雅俊が出てたの、覚えてます? ディナーショーで中村雅俊がムードたっぷりにCMソングを歌ってて、客の女性がうっとり聞き惚れて倒れちゃう奴。私はあのCM見て「は?」って感じだったんですよ。何のギャグだと。でも旦那は「ああ、わかるわかる」って大笑いしてた。
あれくらいの人気があったんですよね、当時は。私はその空気が既にわからないんで、あのオッサンの何が人気だったのか、何もわからないんです(笑)
人柄もよくわからない。時々ただのスケベ親父にしか見えない(爆)

中村雅俊なんかはドラマの役柄というフィルターを通されたイメージひとつで今まで残ってきたのかなぁと思って、実はこれがこの話を書くきっかけだったんです。

ちょーこさんは何処かに書いてませんでしたっけ。何がいいのかわからん、と。まあ、見るからにちょーこさんの趣味ではないだろうと断言してみる(笑)
ってことで、緊急アンケートっ。
女性のみならず、その年代の男性にも聞いてみたい。(旦那も中村雅俊のアルバムを一枚持っていたりする)

_ 儚い預言者 ― 2008年04月28日 18時40分31秒

 すみまちぇん、分からない派に一票。そして余計でしょうけれど、雅俊妻も、もう二つ?

 ぎんなんさんの文章はいつも思うのですが、時間がみっちり詰まっている。その訳で話が現実感で溢れて、どうも逃げようのない雰囲気がとてもいいと思っています。
 ここでもずばり華麗いえ加齢の事であり、仮面という制服が実在の現実という真実に身を抓まされます。ここでアファメーション、「私は詩をいえ死を放棄します。私は永遠の命です。肉体は私の想うとおりの若さを保ちます。真実は私です。」えっひーー、こちょこちょ。

_ ぎんなん ― 2008年04月29日 10時41分45秒

預言者さま、
すみませんいきなりこんな流れで。
奥さんは五十嵐淳子? うーん、私は特に印象がありません(笑) すみません。

一瞬を描きたいなあというのは常にあって、「時間が詰まっている」というのはそういうことかな?と思いました。なるべく短い時間を、ストーリーよりシーンを描きたい、ってのは以前も何処かで言ったような気が。

「生物」としては老化も死も避けられない。が、「遺伝子」に目を向ければ命はほぼ永遠なのかもしれません。セルフィッシュジーン理論は一時流行って、「遺伝子のほうが主体なのかよ」といじける人間を多数出しましたが、古代から延々と続く「遺伝子の生」の一端にいるという気分は、個人的には嫌いではありません。
自分だけが自分の遺伝子を持ち、直接の子孫だけがそれを受け継ぐわけではない。もーっと大きな流れの中にいるわけですよね。

でも、宇宙にも死があるとしたら、遺伝子の生も永遠ではないのかもしれませんねぇ。

外してみました。こちょこちょ。

_ コマンタ ― 2008年04月29日 14時47分26秒

こちらもまたニクイほどの出来ですね。
ひとつのお題でこれだけのものが、しかもふたつ。
いいものは選べませんが、
ふたついっしょにエントリーされていたら、
ぼくはこちらにしたかもしれません。
ことばとして練りがたりないように思うところ
もありましたが、それをおぎなってあまりある。
とにかく蛙のヒユがすばらしく生きていて、
気がつくと耳鳴りのように鳴っている。
お鍋に豆腐を入れて、そのまわりにどじょうを泳がせて、
じょじょに熱していくと、熱さを嫌ったどじょうが
豆腐のなかに逃げ込んで、さいごに豆腐も熱くなって、
という料理があると読んだことがありますが、
落語にも「どじょう地獄」というのがあるんですか?

_ きのめ ― 2008年04月29日 15時27分52秒

こちらにはコメント書けるかな?

_ ぎんなん ― 2008年04月29日 16時00分15秒

コマンタさん、
練りが足りない!そのとおりで、結局こちらはまとまっていなかったのを、ブログに上げる直前にほいほいとまとめちゃったんですよね。本当はもうちょっと練らなきゃいけないのですが、自分のブログとなるといまいち緊張感が足りないのかもしれません。

どじょう豆腐ですね。話には聞きますが見た事はありません。落語でどじょうと言えば「小言幸兵衛」、じゃない、「小言念仏」ですかね。
「なむあみだぶ、なむあみだぶ、煮立ったら鍋の間から酒入れるんだよ、なむあみだぶ、なむあみだぶ、どじょう苦しんでるだろ、何静かになった? 白くなって浮かんでます? はっはっはっは、ざまあみやがれ! なむあみだぶ、なむあみだぶ……」
やっぱりどじょうは煮えています。

きのめさん、
コメント書けなかったらしいですねぇ。ちょうど出かけていたのでわかりませんでした。最近asabloくんはどうも調子が悪いような。
久しぶりにトラックバックを覗いたらスパムがてんこもりでした。サーバの負荷が大きくなっているのかもしれませんねぇ。

_ コマンタ ― 2008年05月21日 15時09分26秒

クラゲはかぎりなく弛緩した声、それが字に入り込もうとする。うまく入り込めれば、弛緩した声は収縮して意となる。聞きかじりの空海。五大はクラゲで満ちていますから消えることはないでしょうが、これがいつかのクラゲかどうかはなんともいえないでしょうね。でも、クラゲからでてきたものはたしかに人をさしますよ(笑)。

すみません。本来書くべき場所になぜか書けないので(ケータイ操作が・・・)。

_ ぎんなん ― 2008年05月22日 01時22分32秒

あらコマンタさん、こんなところに。

> 弛緩した声は収縮して意となる
おおお。なんか、いいです。五大は弛緩した声に満ちている。
刺されないように気をつけながら、これからもクラゲと戯れたいと思います。
ちくり。あう。

「五大」ってインド哲学なんですねぇ。へぇ。とWikipediaを見つつ。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ginnan.asablo.jp/blog/2008/04/27/3349639/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。